フジバカマ

2019-09-29

今年も境内にフジバカマが飾られています

 

秋の七草のうちの一つに数えられるフジバカマ

 

万葉集や源氏物語の中にも紹介されている 日本古来の上品な花とその香り

その香りに引き寄せられてアサギマダラという
渡りをする珍しい蝶がやってきます。
今年はまだ気温が高いため、来ていません。


代わりにツマグロヒョウモンという蝶がやってきました。

新元号の「令和」の典拠となった万葉集の一説

初春の令月にして、気淑(きよ)く風和(やわら)ぎ、
梅は鏡前の粉を披(ひら)き、
蘭は珮後(はいご)の香を薫(かおら)す

初春のよき月に、気候は大変気持ちよく風は穏やかで、
梅は鏡の前の白粉のように白く、
腰に付けたにおい袋の蘭はたいへん香りがよい

ここに示されている「蘭」は
一説にフジバカマだといわれているそうです。
古くより親しまれてきたこの花の甘い香りと美しさを
どうぞお楽しみください

 

 

Copyright(c) 2015 大原野神社 All Rights Reserved.