令和2年 御田刈祭について (コロナ対応)

2020-07-06

本年は祭典と、神相撲神事のみを執り行います。

日時:令和2年 9月13日(日)午前11時

本殿での祭典後、
土俵場において神相撲神事(京都市無形民俗文化財)を執り行い終了と致します。

なお、例年あわせて開催しておりました
・少年横綱の土俵入り
・地元小中学生による奉納相撲大会
・赤ちゃんの土俵入り
・ナイトコンサート
は、「新型コロナウイルス」感染拡大防止の観点から、
中止させていただくこととなりました。

特殊神事「神相撲」

毎年9月の第2日曜日に斎行される御田刈祭。
秋の豊かな収穫に感謝するお祭りです。
このお祭りでは、
平成27年3月に京都市無形民俗文化財に登録された
特殊神事、「神相撲(かみすもう)」が奉納されます。

氏子地区の北春日町と南春日町の神力士が、清めの塩を包んだ白紙をくわえて立ち合い、
必ず1勝1敗で引き分けます。
これは、地域の人々が争いなく互いに助け合って生活してゆきますという、
神様への誓いだとも言われています。

享保2年(1717年)に記録があり、300年以上にわたる長い歴史を有する神事です。

 

 

 

Copyright(c) 2015 大原野神社 All Rights Reserved.