お食事処 そば切り こごろ

11月 15th, 2017

境内に新しくおそば屋さんが開店いたしました。

そば切り こごろ

木のぬくもりを感じる店内は、上品でありながらくつろいだ雰囲気

かも汁そば

そばがき

その他、こだわりの手打ちそばと一品料理を
素朴ながら存在感のあるうつわで
お楽しみいただけます。

そば切り こごろ
615-1153京都市西京区大原野春日町1152 大原野神社内
tell/fax 075-333-7311
11:00-15:00(LO14:30)
17:00-19:00(予約のみ)
そばがなくなり次第閉店させていただきます。

「おやかまっさん」 KBS京都 生放送

11月 12th, 2017

大原野神社がKBS京都の番組「おやかまっさん」で紹介されます。

御由緒や紅葉の絶景ポイント、新しくオープンしたおそば屋さん「そば切り こごろ」など

放送日 11月14日(火)
時間  11:00-11:53

http://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/furari/

紅葉1

11月 8th, 2017

本日はたいへん穏やかな小雨が降り続いております

今年の紅葉は例年よりたいへん早く、10月の末より色付きはじめました

木によっては見ごろをむかえているものもございますが、全体としては3分ほどの色付きでございます。

今年もたいへん美しい紅葉の境内が期待されています。

第5回鎮守の杜落語会  満員御礼!!!

10月 30th, 2017

去る10月28日、第5回鎮守の杜落語会が開催され、
あいにくの雨模様でしたが満員御礼の賑わいでした。
ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。

当日、大原野神社参集殿には、寄席の雰囲気が漂いました。


まずは、桂吉之丞さんの一席。
会場の雰囲気が一気に盛り上がりました!

そして、お待ちかねの桂塩鯛師匠の登場です。
圧巻の話術!
長編落語「地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)」に
場内、酔いしれました。

今年も境内が笑いに包まれ、和やかな雰囲気でした。
笑う門には福来る!
笑いの神様や福の神様も、この日は大原野神社でお楽しみだったのではないでしょうか。
またのご来場こころよりお待ちしております。

 

最終!! 七五三衣裳展示会のご案内

10月 9th, 2017

ご好評につき、追加で七五三衣裳展示会を行います。

こちらが最終の展示会でございますので、

ぜひご来場ください。

平成29年
10月14日(土)・15日(日)

時間  10:00~16:00

場所  大原野神社 社務所

お子様の 七歳 五歳 三歳の年には 神社へ家族そろって一緒にお参りし、今までの無事を神さまに感謝し、健やかな成長をお祈りするのが古くからのならわしです。千歳あめなどをご用意してお待ちいたしております。どうぞ皆様、お参りください。

年齢に関しましては、数え年でお詣りいただくのが本来ですが、
満年齢でお詣りされても結構です。

七歳まいり 平成23年生まれ 女の子
五歳まいり 平成25年生まれ 男の子
三歳まいり 平成27年生まれ 男の子・女の子

お子様の晴れ着姿を 紅葉の美しい大原野神社の境内でご覧いただき、
よき思い出となれば何よりです。

お衣裳さわらぎ
☎番号 075-812-1895
〒602-8143 京都市上京区猪熊通丸太町下ル中之町507-6
営業時間 10:00~18:00 定休日 水曜・第2,4木曜日 Pあり
http://www.wedding-sawaragi.com/

 

京都成章高校ラグビー部 京都府予選大会 必勝祈願!!

10月 9th, 2017

本日、京都成章高等学校ラグビー部保護者会の皆様が、第97回全国高等学校ラグビーフットボール大会京都府予選、それにつづく全国大会優勝祈願にお越しになられました。

昨年度は京都府予選を見事に勝ち抜かれて、全国大会では準々決勝にまで勝ちのぼりました。

今年もラグビー部の必勝と安全を御祈願されました。


みなさまのご活躍を心よりお祈り申し上げます。

第5回 大原野神社 鎮守の杜落語会 桂塩鯛

10月 6th, 2017

第5回
大原野神社
鎮守の杜落語会
桂塩鯛

平成29年10月28日(土)
開演 14時00分 開場 13時30分

大原野神社参集殿

落語家 桂塩鯛(かつらしおだい)師匠を
お招きいたします

大原野在住カルテット
「とりしゃんて」の演奏(開場から13時50分まで)

抽選会もあるよ!

全席自由 2000円

駐車場には限りがございますのでお乗り合わせの上お越しください
未就学児の入場はご遠慮ください

桂塩鯛
http://www.shiodai.com/

チケット販売・問い合わせ
実行委員会事務局 斎藤(柴喜農園)075-331-0953
大原野神社 075-331-0014

主催:「鎮守の杜落語会」 実行委員会
協賛:株式会社髙島屋洛西店、ホテル京都エミナース

フジバカマが境内に

10月 4th, 2017

今年も境内にフジバカマが飾られました

秋の七草のうちの一つに数えられるフジバカマ

万葉集や源氏物語の中にも紹介されている 日本古来の上品な花とその香り

その香りに引き寄せられてアサギマダラという
渡りをする珍しい蝶がやってきます

 

光源氏も袂に入れていた フジバカマのにおい袋がはいった 神仏おまもり
大原野神社 三鈷寺 金蔵寺
三社寺の祈祷札が納められています

御田刈祭斎行 神相撲300年

9月 14th, 2017

平成29年9月10日(日)
御田刈祭がおごそかに斎行されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は御田刈祭にともなう特殊神事 神相撲が300年の節目を迎えました

 

 

 

 

 

 

 

境内は例年以上の賑わいに包まれました

 

 

 

 

平成29年御田刈祭 神相撲300年

8月 11th, 2017

平成29年9月10日 日曜日
午前10時

御田刈祭

(みたかりさい)

特殊神事 神相撲 300年

300年を迎えた大原野神社の神相撲(かみずもう)

               (京都市登録無形民俗文化財)

大原野神社の神相撲は、毎年9月第2日曜日に行われる御田刈祭(みたかりさい)に伴う神事相撲で、旧暦では8月10日に行われていた。

神相撲の始まりは享保2年(1717)と伝えられ、本年平成29年(2017)は300年の節目の年にあたる。

この神相撲は氏子地域である北春日町から選ばれた東の力士と南春日町から選ばれた西の力士が、御田刈祭で授けられた晒(さらし)を締めて土俵に上がり、御神酒で四方の柱を清めた後、2度の立会いを行い、1勝1敗の引き分けで終わる決まりとなっている。両力士は塩を包んだ紙を口にくわえ、清めの作法や立会いなど所作のたびにそれを取り替える。古くは神社の 北側に多い「齋藤」姓と南側に多い「畑(はた)」「幡(はた)」姓からそれぞれ力士を 出し合い、引き分けの勝負とすることで両地域の豊作と共栄を祈った。 現在は姓に限りはないが、北春日町と南春日町からそれぞれ力士を出すという伝統は守られている。

神事相撲としては、上賀茂神社の「烏相撲」(昭和58年登録)、  平岡八幡宮の「三役相撲」(平成11年登録)に次いで、平成27年3月に京都市登録無形民俗文化財に指定された。

Copyright(c) 2015 大原野神社 All Rights Reserved.